Jesu

News

ニュース

2019.11.19
2020年に日中韓eスポーツ国際競技会の開催を目指す 「3国間のeスポーツ競技における覚書」を締結

 

一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、11月15日に韓国・釜山において、2020年に韓国で日本、中国、韓国3か国によるeスポーツ競技会の開催を目指す覚書を中国文化&エンターテイメント協会(China Culture & Entertainment Association、以下CCEA)、韓国eスポーツ協会(Korea e-Sports Association、以下KeSPA)との間で締結し、それぞれの代表による調印式を実施いたしました。

 

これは、11月14~15日に釜山で開催された日中韓3か国のコンテンツ産業の発展に向けた国際会議「第12回日中韓文化コンテンツ産業フォーラム」に併せて、日本、中国、韓国3か国のeスポーツ団体が合意し、締結したものです。これにより、今後3者間で2020年韓国での「日中韓eスポーツ国際競技会」開催に向けて、種目、代表チーム・選手の選考、ルールの設定などの準備を具体的に進めてまいります。 

 

◆ 岡村 秀樹(一般社団法人日本eスポーツ連合 会長)のコメント

日中韓3か国で覚書を締結することになり、大変嬉しく思います。

私共JeSUでは、日本のeスポーツ選手が活躍できる大舞台を増やしていきたいと考え、アジア競技大会やワールドチャンピオンシップなどの国際大会にeスポーツ日本代表を派遣しています。今回覚書を交わした「日中韓eスポーツ国際競技会」を通じて、選手の活躍の場をさらに広げると共に、CCEA、KeSPAの知見と協力の下、eスポーツの国際大会の標準化を目指していきます。そして、アジアにおけるeスポーツの価値をさらに高めていきたいと思います。

 

調印式の模様(左より)

・China Culture & Entertainment

Industry Association / Secretary General

Kong Ming(孔明)氏

・Korea e-Sports Association / Chairman

  Kim Young-man氏

・日本eスポーツ連合/ 会長

 岡村秀樹