ライセンス制度

日本eスポーツ連合では、国内外で活躍できるeスポーツ選手の育成や地位の向上を目指すべく、現状、以下の定義や条件でプロライセンスの発行を予定しています。


●プロゲーマーの定義

「プロゲーマーとは」
- プロフェッショナルとしての自覚を持つこと。
- スポーツマンシップに則り、プレイすること。
- プレイ技術の向上に日々精進努力すること。
- 国内eスポーツの発展に寄与すること。

●ライセンス発行対象者

以下、全てを満たす者を対象にライセンスを発行します。

  • - 前述のプロゲーマーの定義に誓約していること。
  • - 当連合公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること。
  • - 当連合の指定する講習を受けること。

●ライセンスカテゴリー(2種類)

① 「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」
同ライセンスは、15歳以上、義務教育課程を修了している人を対象とします。
※但し、20歳未満は保護者の同意が必要
② 「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」
同ライセンスは、13歳以上15歳未満で、プロライセンス発行に値する人を対象とします。
※高額ではない賞品の獲得は可、賞金は不可とします。
※15歳に達した場合は、本人と保護者の意思を確認した上で、プロライセンスを発行します。

●例外的ライセンスの発行について

「実績保有者へのライセンス発行」

ライセンス発行開始時から過去にさかのぼり、公認タイトルの大会で著しく優秀な成績を収めている人には、例外的にプロライセンス及びジュニアライセンスを発行します。
※但し、発行にはIPホルダー※の推薦が条件となります。

※IPホルダーとは:
ゲームタイトルの著作権(Intellectual Property)を保有する者(Holder)で、主にゲームメーカーのことを指します。

●チームの取り扱いについて

  • ・チームライセンスの発行
     法人格を持ち、かつIPホルダーが実績を認め、当連合が承認した場合に発行
     ※但し、別途定める誓約書の提出が必要となります。
  • ・1名以上のライセンス保有者がいるチームは、公認大会へチームとしての出場が可能。
     ※但し、賞金獲得時はライセンス保有者のみに授与します。

●ライセンス有効期限

ライセンスの有効期限は2年間。
※なお、更新に際しては、eラーニングによる講習が必須となります。

●ライセンスの発行管理について
 

プロライセンス発行時には、本人の保有意思確認の意味も含め、手数料として5000円、ジュニアライセンスの場合は3000円の実費を支払うものとする。

ライセンスはタイトル単位で発行。

また、以下3項目をベースに、当連合競技委員会内で協議し、ライセンス発行を行う公認タイトルを決定します。

  • ・ゲーム内容に競技性を有すること。
  • ・3ヶ月以上の運営・販売実績を有すること。
  • ・今後もeスポーツ大会の運営予定を有すること。